人気記事TOP3

【漫画レビュー】透明なゆりかご~産婦人科医院看護師見習い日記~ は出産する前に読んでおけ!

2016-09-13

こんにちは、こんばんは、おはようございます。
どうも、ロクロクです。

最近初めての子供が生まれたボクですが、やっぱり出産の時期って色々不安もあったり、、知らないこと、わからないことだらけで。。

妻と一緒に出産や子育ての勉強をしたりしていたんですが、活字だけじゃすんなり頭にはいらなかったり、、

そんな時に妻がみつけてきた、この”透明なゆりかご”っていう漫画!

読みやすいし勉強になるし、、それに妊婦の気持ちもなんとなく理解できたり。

尚且つちゃんとストーリーもある!

 

1巻の名シーン、野良妊婦

1巻の野良妊婦のラストとか、嗚咽上げそうなくらい泣いたわ…。

この話に登場する田中さんて妊婦さんはまあ、不倫の末に独身のまま妊娠出産した人で、相手の男は不倫相手との子が出来たとたんに掌返すっていう、、、

でもまあ、田中さんは先も見えないそんな中、少し前向きになって退院していったものの、退院後まもなく添い寝中に赤ちゃんが窒息死してしまうんだよね。

他のナースたちは虐待だろうって噂するんだけど。
主人公はそれでも、赤ちゃんは愛情に包まれたまま亡くなったと想像する。
夜中にお腹がすいて泣き出した赤ちゃんに、添い寝でお乳をあげるも、眠気に勝てず再び寝入ってしまう。
お母さんの胸に抱かれたまま息を引き取る赤ちゃんの様子とか、もうなんか…なんか…(´;ω;`)
実際のところはどうなのかわからないけど、最後までお母さんのわが子に対する愛情というか、母性というか、そういうものを信じる主人公にもまた涙出てきたよね。゚(゚´Д`゚)゚。

 

2巻はというと、、

あと、2巻の冒頭話とかも。
健康そのものだったお母さんだけど、双子の分娩中に大量出血を起こしてそのまま…っていう。

これはたぶん、ひとつ間違ってたらうちもそんなんなってたのかもなあってのもあって余計に読んでてぐっと来た。

残された夫が立ち直れなくて、それでも赤ちゃんは泣くもので、ミルクをあげてオムツかえて、今日この子たちが寝たら自分も死のう、明日こそ死のうって考えながら子育てするんだよね。
で、ある時ふと双子の赤ちゃんがじっと自分を見てることに気付く。

親の姿を、ちゃんと見てるんだよね、まだ赤ちゃんだけど。
そこで、この子たちの親は自分しかいないんだって気付いて、夫も何とか前を向き始める。

 

まとめ

なんかこう、他にも虐待とか14歳での妊娠出産とか、題材はけっこうヘビーだし決して明るくはないんだけど、それでも重苦しい中にも少し救いがあるというか…ほんと読んでよかったと思う。

単なる「面白い作品」じゃなく、「秀逸」と思える作品に久々に出会った気がします。

それでは、アディオース