「Kali Linux 2017.3」公開。ハッキング&クラッキングに使わないでね。。

こんにちは、こんばんは、おはようございます。
明日、キックボードでの通勤が可能なのかついに会社に確認だ!、育児サラリーマン ロクロクです。

ペネトレーションテスト向けのLinuxディストリビューション「Kali Linux」開発チームは11月21日、最新版「Kali Linux 2017.3」をリリースしたということで、備忘録までの紹介の回でございます。

 

Kali Linux(かーりーりなっくす)とは

Kali Linuxはペネトレーションテスト、エシカル(倫理を持った)ハッキング向けのLinuxディストリビューションで、情報セキュリティトレーニングとペネトレーションテストを提供するOffensive Securityが開発を主導してます。

 

Kali Linux 2017.3のリリース内容

今回リリースされたKali Linux 2017.3は9月に公開された2017.2に続く最新版。

Linuxカーネルは4.3.10をベースとし、デフォルトでのCIFSでのSamba 3.0対応、Ext4の強化、TLSサポートの統合などを利用できます。

これに合わせてKali LinuxがベースとするDebianプロジェクトの強化も統合してます。

新しいツールとして、要求が多かったという階層型ノート機能の「CherryTree」が加わったそうです。

また、LinkedIn上で列挙を行い、肩書き、企業名、メールアドレスなどに基づき人を探すことができる「InSpy」、複数のソースから一度でサブドメインを列挙する「Sublist3r」、オープンソースインテリジェンス(OSNIT)ツールでユーザー、ドメインなどを200以上のサービスから列挙できる「OSRFramework」などが加わったそうな!

Patervaが開発するオープンソースの情報蒐集ツール「Maltego」と「Casefile」が1スイートとなり、MaltegoのCommunity EditionとCasefileに加え、MaltegoのClassicまたはXLライセンスでも利用できるようになったとな。

このほかSocial Engineering Toolkit(setoolkit)が7.7.4になるなどのアップデートが加わってます。

(..ほとんど、リリースサイトの内容パクリ)
(実のところ僕、チンプンカンプン笑)
(使い方間違ったら捕まることは認識してる笑)

 

Kali Linux 2017.3のデスクトップ環境

Kali Linux 2017.3はMate、Xfce、LXDEなどのデスクトップ環境が利用できます。

プロジェクトのWebサイトよりISOイメージ、仮想マシンイメージ(VirtualBox、VMware、Hyper-V向け)などが入手できます。

Kali Linux
https://www.kali.org/

 

くれぐれも良からぬことに使わないでね!!!