(Windows編)LAN内で使われているIPアドレスを調べる方法

2018-02-28

サヨナラは別れの言葉じゃなくて、ふたたび会うまでの遠い約束…

こんにちは、こんばんは、おはようございます。
いつも酔ってる育児サラリーマン ロクロクです。

今回は、Windowsを使っての、LAN内で利用されているIPアドレスを調べる方法です。
(ちょうど先日、客先で必要に迫られたので。。)

今まではソフトを使って、このあたり調査してましたが、コマンドプロンプトのみで確認する方法を記載します。

 

コマンドプロンプトから、ping + arpで調べる

Windowsでローカルネットワーク内を調べる場合、pingとarpを組み合わせる方法はとても有効です。

特に何かをインストールする必要はありません。

使用するのはコマンドプロンプトのみです。

以下のようにコマンドを実行することで、指定したネットワーク内のIPアドレスにpingを実行し続け、arpテーブルに記録していきます。

for /l %i in (0,1,255) do ping -w 1 -n 1 192.168.0.%i && arp -a 192.168.0.%i

 

※192.168.0.の箇所は実際使用するネットワークのセグメント等をみて変更して下さい。

pingが全て終了後は、「arp -a」コマンドを実行して現在利用されているIPアドレスを確認するだけです。

すると、使用されているIPの一覧が、コマンドプロンプト上で表示されます。

 
 

コマンドプロンプトの使い方

コマンドプロンプトとは、WindowsのPC上でなんらかの命令を「コマンド」で実行したい時に使うツールです。

いわゆるエンジニアっぽい黒い画面、あれこそがコマンドプロンプトです。
※もう知ってるよって方は以降は読み飛ばして下さい(^o^)

 

コマンドプロンプト起動方法

画面左下の「スタートメニュー」を右クリックし、「ファイル名を指定して実行(R)」を選択します。

STEP04

「ファイル名を指定して実行」ダイアログが表示されるので、名前に「cmd」と入力して「OK」ボタンをクリックすれば起動できます。

ちなみに、「cmd」とはコマンドプロンプトのプログラムである「cmd.exe」のことです。

STEP05

 

コマンドプロンプトの主要なコマンド

cd

現在のディレクトリを表示します。

また、半角スペースの後に別のパスを指定することで、ディレクトリを変更することができます。コマンドプロンプトを開いたときに、「>」の後にカーソルが点滅していますが、その前に書かれているパスが現在のディレクトリ(カレントディレクトリ)です。

例えば、コマンドプロンプトに「C:\Users\testuser」と表示されている場合、「C:\Users\testuser」がカレントディレクトリになります。

このディレクトリから「C:\Users\testuser\Desktop\test」というパスのフォルダに移動したい場合は、「cd C:\Users\testuser\Desktop\test」と入力してEnterキーを押すだけで移動できます。

 

dir

カレントディレクトリにあるファイルやフォルダを一覧表示します。

半角スペースの後にパスを入力すれば、そのパスのディレクトリにあるファイルやフォルダを一覧表示します。

例えば、「dir C:\Users\testuser\Desktop\test」と入力してEnterを押すと、デスクトップ上の「test」フォルダに含まれるファイル一覧を表示できます。

 

type

テキストファイルの内容を表示します。

「type C:\Users\testuser\Desktop\test\memo.txt」と入力すると、「test」フォルダ内にある「memo.txt」の内容をコマンドプロンプト上で確認することが可能です。