Windows10でスタートアップに登録する方法(PC起動時にアプリを自動起動)

当日に定時後の社内の営業MTGを予定にぶっこむ部長って…..

毎週やってる営業MTGやん、なぜそんなスケジュールを当日ぶっこむ?失笑

こんにちは、こんばんは、おはようございます。
高知の零細IT企業で働いているただのサラリーマン ロクロクです。

今回は、Windows10でスタートアップに登録する方法です。
(ちょうど先日、客先で必要に迫られたので。。)

スタートアップに登録したアプリは、Windows起動時(サインイン時)に自動起動するようになります。

「メーラー」「スケジュール管理」「社内システム」アプリを登録しておくといいかもしれませんね。

今までのwindows7なんかのやり方とは違っているので、この機会に備忘録までに。

 

Windows10でスタートアップに登録する方法

①Windows10のコンテキストメニューから「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

【豆知識】コンテキストメニューはショートカットキー「Win + X」で表示することができます。

 

②「ファイル名を指定して実行」のウインドウにて、「shell:startup」と入力し、「OK」をクリックします。

すると、エクスプローラーの「スタートアップ」フォルダーが表示されます。

 

③「スタートアップ」フォルダー内に、自動起動したいアプリのショートカットをコピーすると、次回起動時から、コピーしたアプリが自動起動します。

 

「スタートアップ」フォルダーのフルパス

「スタートアップ」フォルダーのフルパスは以下になります。

※以前のバージョンよりわかりずらくなった笑

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

「shell:startup」というコマンドを使わなくても、次のようにフォルダーを辿れば、「スタートアップ」フォルダーを表示することができます。

Cドライブ
→ ユーザー
→ ユーザー名
→ AppData
→ Roaming
→ Microsoft
→ Windows
→ スタートメニュー
→ プログラム
→ スタートアップ

「スタートアップ」の登録方法は以上になります。

 

他にも、Windows10の基本的な学習には以下がオススメです。( ´ ▽ ` )ノ

無料の電子書籍なので、時間があるかたはどうぞ。